ヴァイオリン

【大人からのバイオリン】一番最初のバイオリンは実物を見て、弾いてから選ぶべき理由

choicepoint-violin

こんにちは!ひでもんです。

大人になってからバイオリンを始めようと思ったら、とにもかくにも、

バイオリンを手に入れましょう!

まずは楽器を手に入れることが先決です。

なにしろ、練習を始めようにも、楽器が手元にないことには始まりません。

そしてバイオリンという楽器についてほとんど何も知識や馴染みがない状態から始めるのでしたら、相手がどんな代物なのか理解するには、実物を手にすることが一番の近道だからです。

誰か知り合いが使っていたバイオリンを譲ってもらえる等ラッキーな境遇の人以外は、楽器店等で購入するのが確実ですね。

楽器店で購入すれば、今後必要なメンテナンスや消耗品の購入等も簡単にできるので、これから始まるバイオリンとの

長ーいお付き合い

においてもすごく安心できます。

とはいえ、楽器店に行くとわかりますが、いろんなバイオリンが並んでいて、

どれを買ったらいいのやら・・・

と悩んでしまうかもしれません。

なので、もし可能であれば、バイオリンが初めての自分にピッタリな楽器を選んでくれる人と一緒にお店に足を運ぶことをオススメします。

例えば、レッスンに通う決心があれば、先生に助言をもらえると心強いですよね。

あとは、実際に楽器の音を聴いてみるのも欠かせません

お店の人にもちろん断ったうえで試奏してみて、自分にしっくりくるものを探してみることです。

不思議なもので、同じような価格帯のバイオリンを同じ弓で弾いても、個体によって出る音や弾き心地が違うんですよね。

楽器はそうそう買い替えるものでもないので、購入するために弾き比べるという機会そのものが貴重だったりします。

気のすむまでじっくり弾き比べて、自分に相性がズバッとはまる楽器を見つけましょう。

どの子にしようかな~

とバイオリンを選んだり探す時間もまた、楽しかったりします♪

また、自分で試奏してみるのと併せて、先生や店の人にも候補のバイオリンを弾いてもらってその音色を聴いてみるのも楽しいですし、大事です。

自分の愛機になるかもしれないバイオリンがどんな音を奏でる楽器なのか、客観的に確かめるためにもぜひ、試してみてくださいね。

人に弾いてもらうと、自分で弾いた時の音とは違う感覚で聞こえたりします。

バイオリンは楽器なので、どんな音が出るのか、それが最重要ポイントです。

ですが、あとは

見た目

も大事ですよね。

一口にバイオリン、といっても、色味が赤っぽかったり黄色っぽかったり、いろんな個性があります。

形も微妙に違ったりします。

それらの外見についても、自分の好みにピッタリハマるものに出会えると、これからのバイオリン人生がさらにハッピーなものになること間違いなし!です。

バイオリンは木でできた繊細ですごく華奢な楽器です。

とても乱雑に扱って良いものではありません。

なので、見た目的にも愛着のもてる最高の楽器を手にすれば、大切に取り扱おうという意識が強くなりますのでバイオリンにとっても自分にとっても

しあわせ~!

な状態になります。

ぜひ、楽器店に足を運んで、運命のバイオリンを探してみてくださいね。

ではまた!

-ヴァイオリン